キャラクター

第一章

加々良かがら 至誠しせい

[ 神託の地で発見された日本人 ]

 

[no image]

 

 九州の片田舎で生まれ育った日本人。

 異世界で目を覚ますが、なぜそこに居るのかは覚えていない。
 直近の記憶が高校2年生であることから、年齢は17歳程度だと思われる。

 異世界では特別な力に目覚めるわけでもなく、魔法や鬼道の適性も皆無なようだ。

 運動は年齢相応の平均的だが、頭脳は明晰。
 喧嘩の絶えない姉と妹にはさまれて育ったため、荒事に対する耐性を持ち、仲裁側にまわることが多い。

 現実的理想主義者。
 地に足の付いた選択肢の中から最良の結果を諦めない性格だが、必要ならばリスクを背負うことをいとわない。

 名前の由来は、東郷平八郎の「天は正義にくみし、神は 至誠しせいに感ず」より。

 

 

 

 

種族:人
   人目:人科:人属:純人種

国籍:日本
身分:――

年齢:17歳前後
身長:174cm
性別:男性

戦力指標:常人

 

 

リネーシャ・シベリシス

[ 血よりも知を欲する最強の吸血鬼 ]

 

[no image]

 

 10歳~12歳ほどの少女の容姿をしているが、中身は3000年という悠久の時を生きる吸血鬼。

 個としては比類無き領域に達してしまい、すでに闘争では満たされず、知的好奇心あるいは知的欲求を満たすことを生きがいとしている。

 レスティア皇国で皇帝に座しているが権力欲はなく、その地位は彼女にとって世界中の叡智を効率よく収集するための手段である。

 現在は未知の存在であるアーティファクトの解明に注力している。
 そんな中「人型アーティファクト」の可能性がある人物を発見したとの情報を得たため、自ら赴き加々良至誠を蘇生する。

 

 

種族:吸血鬼
   鬼人目:牙科:吸血属:吸血鬼種

国籍:レスティア皇国
身分:皇帝

年齢:約3000歳
身長:127cm
性別:女性

戦力指標:神格

エルミリディナ・レスティア

[ 世界で唯一、不老不死を獲得した少女 ]

 

[no image]

 

 レスティア皇国の第一皇女として生まれた純粋な人であったが、14歳の時に不老不死を獲得して以来、老いることも死ぬ事もなく1000年以上の時を生きている。

 不老不死であり、あらゆる外的要因をもってしても殺せない。
 肉体的な損傷は容易に修復され、毒やクスリなどは無効化され、アーティファクトを持ってしても殺せていない。

 死霊術を好んで使う。
 肉体や寿命の一部を対価に発動する死霊術では、対価を捧げることができる。
 しかし、無限の寿命の中から一部を捧げたところで残りは無限である為、実質的にリスク無しで発動できるチート持ち。

 レスティアでない理由は、エルミリディナの国である為。皇帝リネーシャはあくまで彼女が任命しているからに過ぎない。

 

 

種族:不死者
   人目:人科:不詳属:不死種

国籍:レスティア皇国
身分:皇女

年齢:約1200歳
身長:144cm
性別:女性

戦力指標:神格

スワヴェルディ・ネロフィ

[ 十全なる皇女の従者 ]

 

[no image]

 

 エルミリディナが不老不死を獲得する前から仕えている最古の従者。
外観は人の二十代後半の男性だが、一度人の生を終えた後にエルミリディナの死霊術によって屍人として生き長らえているためである。

 本来はエルミリディナ専属の従者であるが、彼女自身が周りの世話もするよう命じている為、様々な執務をこなす。
 皇女直属組織である「召使」の統括も行っている。

 

 

種族:屍人
   亜人目:屍科:躯属:屍人種

国籍:レスティア皇国
身分:執事長[召使所属]

年齢:約1200歳
身長:182cm
性別:男性

戦力指標:神格

テサロ・リドレナ

[ 穏和で淑やかな魔女 ]

[no image]

 

 レスティア皇国所属の魔女。
 良識を持ち穏やかで優雅な老女であり、気品を感じさせる。

 本職は研究であるが、軍籍も持ち戦力評価も高い万能な人物。
 リネーシャより指名を受けアーティファクトの調査に同行し、至誠の蘇生に尽力した。

 ミグとは個人的に親交があり、プライベートでもよく交流がある。
 一人娘であるリッチェの事が最大の気がかりである。

 

 

種族:魔女
   魔人目:複臓科:阿魔属:魔女種

国籍:レスティア皇国
身分:魔法術式開発局生体術式第三課課長
   魔法戦術教育課所属

年齢:396歳
身長:168cm
性別:女性

戦力指標:英傑

リッチェ・リドレナ

[ 佳容で直向きな若き逸材 ]

 

[no image]

 

 学校を主席で卒業し、レスティア皇国軍の士官候補生に内定している若き魔女。

 テサロは親であり師でもある。
 だが年齢的に実親でないと内心で察しており、同時に育ててくれた事への感謝の念を感じている。
 その恩に報いるべく勉学と研鑽に励み、その熱意からリネーシャのアーティファクト調査への同行を許可された。

 その容姿は美しく細いくびれに大きな胸を持ち、学生時代は非常にモテたが、勉学と研鑽に勤しむあまり恋愛ごとには興味を示してこなかった。
 それがテサロとミグの最大の悩みでもあるが、リッチェ自身はその事に気付いていない。

 また、比較対象がテサロやミグと言った英傑格が中心のため、そこに追いつくべく結果を急いてしまう傾向にある。

 

 

種族:魔女
   魔人目:複臓科:阿魔属:魔女種

国籍:レスティア皇国
身分:皇国軍xxx期士官候補生(内定)

年齢:17歳
身長:160cm
性別:女性

戦力指標:天才

 

ミグ・レキャリシアル

[ 陽気がほとばしる眷属 ]

 

[no image]

 

 リネーシャの直属組織である眷属の一人。

 核となる臓器以外は全身が血液で構成されており、他者の体内に侵入することもできる流血鬼と呼ばれる種族。

 
 その頭脳は研究者や軍人として非常に優秀で、様々な研究に携わっている。
 しかし、計略や駆け引きは不得意である。

 リネーシャにアーティファクト調査に際し指名されるなど優秀な人物であるが、その地位と実績に驕ることなく明朗な性格をしている。

 至誠の蘇生に際しては体内から蘇生に尽力した。

 

 

 

種族:流血鬼
   鬼人目:水鬼科:血液属:流血鬼種

国籍:レスティア皇国
身分:眷属所属

年齢:141歳
身長:???cm
性別:女性

戦力指標:英傑

第二章

ヴァルルーツ・ヴァルシウル

[ 気高く芯が通った狼魔人の王子 ]

 

[no image]

 

 北方に位置するヴァルシウル王国の第一王子。

 王族である事を誇りに思っており気高いが、決して驕ることなく、民を守り導くのが王族の矜恃であると確信している。

 その剣技と魔法の技術は若くして天才だと称され、清廉な人柄から国民の間で強い支持を集めている。

 特別勉学に秀でている訳ではないが、大局を見通す事に長け、切羽詰まっても自暴自棄にならず冷静さを失わない意志の強さを持っている。

 

 

 

種族:狼魔人
   狼科:八属:狼魔人種

国籍:ヴァルシウル王国
身分:第一王子

年齢:28歳
身長:196cm
性別:男性

戦力指標:天才

 

第四章

準備中