あらすじ

 目が覚めると異世界にいた。そこで出会ったのは10歳から12歳くらいの女の子。だが彼女は3000年の時を生きる最強の吸血鬼だった。

 力、富、名声――全てを手にしている幼女姿の吸血鬼は「血」よりも「知」を欲し、未知の存在である「日本人」に強い好奇心を抱く。

 主人公は異世界のことが何もわからない状態で、吸血鬼は日本やその世界の技術や知識を欲した。
 その利害は一致し、主人公は食客として彼女の国に迎え入れてもらえることになる。

 だがこの時すでに、戦禍は音もなく忍び寄っていた……。

 

 チートはおろか魔法も鬼道も使えない主人公が、仲間とともに知恵と頭脳そして胆力で切り開く異世界ダークファンタジー群像劇。